“dashicons.min.css” を読み込まないようにする, 但し ログイン中と管理画面を表示している場合を除く / Disable reading “dashicons.min.css” when not logged in and in admin page on WordPress

 

ネットワーク共有ディスク (NAS) から削除してしまったファイルの救出 / Rescue deleted files from network shared disk (NAS)

ゴミ箱機能を有効にしていなかった為
次にやるとき忘れそうなのでメモ…無いことを願う

念の為&必ず

NAS から取り出した元のディスクに対しては操作は行わず
ハードディスクの複製を行って複製ディスクに対して作業をすること

準備

  • 複製用の未使用のハードディスク
  • 救出したデーターを入れる USBハードディスク
  • Ultimate Boot CD
    Ultimate Boot CD のディスクイメージをダウンロードし CD に書き込んで起動するようにしておく
    https://www.ultimatebootcd.com/

    • ubcd538.iso
  • PhotoRec ※Ultimate Boot CD の機能も同じかもしれません
    PhotoRec をダウンロード 展開して USBメモリーに入れておく
    https://www.cgsecurity.org/wiki/TestDisk_Download

    • testdisk-7.0.linux26.tar.bz2 *今回はこれを使用
    • testdisk-7.0.linux26-x86_64.tar.bz2
    • testdisk-7.0.win.zip
    • testdisk-7.0.win64.zip

NAS からハードディスクを取り出す

対象の NAS IODATA LAN DISK HDL-GX320R

背面のネジを2個外し
天井と底板をスライドして外す
側面の金属板を両側共に外す

ハードディスクの複製

取り出した元ハードディスクと未使用のハードディスクを2台共に PC に接続

Ultimate Boot CD のディスクから起動

メニュー: HDD > Partition Management > GParted

接続しているハードディスクのデバイス番号を確認する

NAS から取り出した元ハードディスクの複製を作成する

操作を間違えるとディスクの内容が消えてなくなるので注意!

下記では元 /dev/sdb から複製先 /dev/sda へ実行している

複製が終わったらシャットダウンして 元ハードディスクを外す

所要時間 SATA 接続で 320GB 4.5時間

消してしまったファイルの救出

ここからは複製したディスクに対して作業を行う

救出したファイルを入れる為の USBハードディスクを接続
再度 Ultimate Boot CD のディスクから起動

パティションをマウントして救出したいファイルの有ったはずのパティションを探す

PhotoRec を実行
USBメモリーから Desktop にコピーして実行した

目的のパティションを選択
/dev/md6
パティションの種類は ext3/4 を選択

Free を選択して 削除したファイルを救出の対象にする

救出したファイルの保存先を選択
USBハードティスクのマウントポイント /media/sdh1/190321

キー C で開始
所要時間 5時間 パティションサイズ 296.7GB SATA 接続 から USB 接続へ

その他

RAID の md デバイスの解除や設定の方法

参考

http://www.oboeyo.com/pc-memo2/2011/02/14/linkstation%E3%81%AE%E5%89%8A%E9%99%A4%E6%B8%88%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%92%E6%95%91%E5%87%BA%EF%BC%9Aphotorec/

Python3 でメールをパースしたりしてみるが、なかなか上手くはできないでござる / Try to parse the E-mail with Python3, but it’s not so canning well

忘れてしまわないようにメモ

Replace strings deeply with Python3

  • プライベートにしたいものは __ 先頭にアンダーバー2個 とりあえずつけとけ
  • list を for すると 値が入る index じゃない
  • dict を for するときは .keys() する
  • isinstance でオブジェクトの種類判定