Windows 10 から MySQL Server on Ubuntu に接続する手順のメモ / Connect to MySQL Server on Ubuntu from Windows 10

参考サイトを手がかりに進めます。

MySQL Server: 192.168.11.10:3306
Network: 192.168.11.*/24

tcp wrapper を使用しているか確認

接続制限をかける

クライアント PC のブラウザで http://192.168.11.10:3306/ を開いてみて接続できるか確認

管理者ユーザーで mysql を開いてデーターベースへのアクセス権を変更する

ODBC ドライバーのダウンロード

下記からダウンロード

https://dev.mysql.com/downloads/file/?id=480026

  • mysql-connector-odbc-5.3.11-win32.msi
  • mysql-connector-odbc-5.3.11-winx64.msi

32/64bit 両方共インストールする

スタートボタン
> Windows 管理ツール
> ODBC Data Sources (32-bit) ※今回はこちらを実行した Excel が 32bit なので
> ODBC データソース (64 ビット)

ユーザー DSN
追加
MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver
完了

Connection Parameters
Data Source Name: hoge
Description: hoge description
TCP/IP Server: 192.168.11.10
Port: 3306
User: データーベースユーザー名
Password: データーベースパスワード
Database: データーベース名

ボタン Test を押して接続確認

下記のユーザーデータソースが登録される

hoge 32/64 ビット MySQL ODBC 5.3 Unicode Driver

Excel 2007 から登録したユーザーデータソースに接続してみる

データ タブ
その他のデータソース
データ接続ウィザード
ODBC DSN
ボタン 次へ
先ほど登録したものを選ぶと
テーブルの一覧が表示される

VBA から接続テスト

ODBC ドライバーのインストールに失敗する場合

‘This appliction required visual studio 2013 …’ と表示されてインストールできない場合

Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ を下記からダウンロード&インストールする

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/confirmation.aspx?id=40784

Excel 2007 で開発タブの表示

左上の丸いボタン
開いたメニューの一番下の「Excel のオプション」
基本設定
[開発] タブをリボンに表示する
にチェック
まさに メニュー ウィザードリィ

参考:
https://www.724685.com/weekly/qa111027.htm
http://dotnsf.blog.jp/archives/1013344582.html

データベース(MySQL)に接続する(ADO)


http://d.hatena.ne.jp/pyopyopyo/20100327/p1

追加 vba の例 :

 

クライアントの帯域制限を Apache2 に含まれているモジュールでやってみる / Tried limite the client boundwidth rate limit with Bandwidth Rate Limiting for Clients of included module in Apache

https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_ratelimit.html

Apache Module mod_ratelimit

Available Languages: en | fr
Description: Bandwidth Rate Limiting for Clients
Status: Extension
Module Identifier: ratelimit_module
Source File: mod_ratelimit.c
Compatibility: rate-initial-burst available in httpd 2.4.24 and later. Rate limiting proxied content does not work correctly up to httpd 2.4.33.

 

Linux からプリンターインクレベルの確認してみた / Check printer ink level on Linux

インクレベルの確認

VirtualBox の WindowsXP Linux 上の共有プリンターでの印刷が遅いのでモニターを削除したら改善した。

下記のファイルを削除した、自動起動されるプロセスを止めてから:
E_TARN1YJ.EXE, E_TATI1YJ.EXE

EPSON Download Center

http://download.ebz.epson.net/dsc/search/01/search/?LG2=JA&OSC=LX

コマンドの終了時にCDトレイを取り出す / Eject CD tray while finished to command

I forget to add ‘&& …’ when executing the command first time.

close tray:

 

LibreOffice Version 6.1.3.2 でラベル印刷した時のメモ at Linux

ラベル印刷するデータを Calc 表計算ドキュメント (.ods) で作成する
1行1レコード, 1行目は項目名

データができたら、

ファイル > 新規作成 > ラベル

ラベル設定画面が表示される

ラベル書き

書式

「シート」を選択

書式 (使用する用紙に合わせて設定)

横の間隔: 6.60cm (ラベル同士の間隔が無い場合は幅と高さと同一にする)
縦の間隔: 3.39cm (〃)
幅: 6.60cm
高さ: 3.39cm
左余白: 0.60cm
上余白: 1.29cm
列: 3
行: 8
ページ幅: 43.80cm (後で直すので何でもいい)
ページ高さ: 56.00cm (〃)

オプション

「ページ全体」を選択
「内容を同期させる」にチェック

「新規ドキュメント」ボタンを押す

Writer の画面が表示される

書式 > ページ

サイズ名: A4
OK

挿入 > フィールド > 他のフィールド > データベース

差し込み印刷フィールド

検索

最初に作成した表計算ドキュメント (.ods) を選択

閉じる

表示 > データソース

データソース画面が現れる

印刷データの選択

データソース画面内の
表計算ドキュメントの名前 > テーブル > シート名 をダブルクリックで開くと目的のテーブルが表示される

印刷項目をラベル上に配置

表示されたテーブルのうちで印刷したい項目のタイトル名をドラッグして
ラベル上でドロップする
これを必要な項目の分 繰り返す

ラベルのレイアウトを編集する

文字サイズや書体 改行幅など
ひとつ目のラベルのみ編集すれば良い

ラベルのレイアウト編集画面内に文字入力カーソルを表示した状態で
※カーソルの位置は一番最後がいい

挿入 > フィールド > 他のフィールド > データベース

次のレコード

挿入 ※1回だけ押す

閉じる

※これを行わないと 1レコード 1ページ でラベルが印刷される

画面内に浮いている「ラベル書きを同期させる」ボタンを押してラベルのレイアウトを統一する

差し込み印刷ウィザードの実行

ツール > 差し込み印刷ウィザード (Z)

「次へ」を何回か押して「完了」

※これを行わないで印刷を行うと私の環境ではまいど不正終了してしまいます

印刷

ファイル > 印刷

差し込み印刷をしますか?「はい」

差し込み印刷画面が表示される

OK で印刷

※出力先をファイルにすると様々な形式のファイルに保存出来る

その他

印刷を終えた時点で、Calc, Writer 及び Base (.odb) 3種類のデータファイルが作成されるので個人情報の取り扱いに注意

ファイルの場所を移動するとデータのリンクを直す必要が有る


前回ラベル印刷した Version 6.0.0.0 から内容を更新した

LibreOffice Version 6.1.3.2 からハガキ印刷(差し込み印刷)するメモ