LibreOffice Version 6.1.3.2 からハガキ印刷(差し込み印刷)するメモ

前にやったラベル印字をハガキサイズ、というか A6 で印刷する場合のサイズ設定のメモ

現在の所?テキストボックス/シェイプの内部にデーターリンクを入れることは出来ない?様なので、縦書き横書き混在の差し込み印刷は難しい?私がわかっていないだけか?

LibreOffice (Version 6.1.3.2) でラベル印刷した時のメモ at Linux

Come back 差し込み印刷ヘルパー!

Print label sheet with LibreOffice Version 6.1.3.2 on Linux

Create print data with Calc document (.ods)

File > New > Labels

Format *follow use paper

Horizontal pitch: 6.60cm
Vertical pitch: 3.39cm
Width: 6.60cm
Height: 3.39cm
Left margin: 0.60cm
Top margin: 1.29cm
Columns: 3
Rows: 8
Page width: 43.80cm *whatever, fix so after
Page height: 56.00cm *whatever, fix so after

Options

Select: Entire page

Check: Synchronize contents

Press: New Document

Writer appeared

Format > Page…

Format: A4
OK

Insert > Field > More Fields…

Database

Browse…

Select Calc file (.ods)

Close

View > Data Sources

Select Sheet

Place print data cells on first label

Drag cell titles to drop on first label

Edit label layout

Lay the cursor at the end

Insert > Field > More Fields… > Database

Select: Next record

Press Insert *press once

Press Close

Press Synchronize Labels

Tools > Mail Merge > Wizard… if print error.

Print

File > Print…

クライアントの帯域制限を Apache2 に含まれているモジュールでやってみる / Tried limite the client boundwidth rate limit with Bandwidth Rate Limiting for Clients of included module in Apache

https://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/mod_ratelimit.html

Apache Module mod_ratelimit

Available Languages: en | fr
Description: Bandwidth Rate Limiting for Clients
Status: Extension
Module Identifier: ratelimit_module
Source File: mod_ratelimit.c
Compatibility: rate-initial-burst available in httpd 2.4.24 and later. Rate limiting proxied content does not work correctly up to httpd 2.4.33.

 

LibreOffice Version 6.1.3.2 でラベル印刷した時のメモ at Linux

ラベル印刷するデータを Calc 表計算ドキュメント (.ods) で作成する
1行1レコード, 1行目は項目名

データができたら、

ファイル > 新規作成 > ラベル

ラベル設定画面が表示される

ラベル書き

書式

「シート」を選択

書式 (使用する用紙に合わせて設定)

横の間隔: 6.60cm (ラベル同士の間隔が無い場合は幅と高さと同一にする)
縦の間隔: 3.39cm (〃)
幅: 6.60cm
高さ: 3.39cm
左余白: 0.60cm
上余白: 1.29cm
列: 3
行: 8
ページ幅: 43.80cm (後で直すので何でもいい)
ページ高さ: 56.00cm (〃)

オプション

「ページ全体」を選択
「内容を同期させる」にチェック

「新規ドキュメント」ボタンを押す

Writer の画面が表示される

書式 > ページ

サイズ名: A4
OK

挿入 > フィールド > 他のフィールド > データベース

差し込み印刷フィールド

検索

最初に作成した表計算ドキュメント (.ods) を選択

閉じる

表示 > データソース

データソース画面が現れる

印刷データの選択

データソース画面内の
表計算ドキュメントの名前 > テーブル > シート名 をダブルクリックで開くと目的のテーブルが表示される

印刷項目をラベル上に配置

表示されたテーブルのうちで印刷したい項目のタイトル名をドラッグして
ラベル上でドロップする
これを必要な項目の分 繰り返す

ラベルのレイアウトを編集する

文字サイズや書体 改行幅など
ひとつ目のラベルのみ編集すれば良い

ラベルのレイアウト編集画面内に文字入力カーソルを表示した状態で
※カーソルの位置は一番最後がいい

挿入 > フィールド > 他のフィールド > データベース

次のレコード

挿入 ※1回だけ押す

閉じる

※これを行わないと 1レコード 1ページ でラベルが印刷される

画面内に浮いている「ラベル書きを同期させる」ボタンを押してラベルのレイアウトを統一する

差し込み印刷ウィザードの実行

ツール > 差し込み印刷ウィザード (Z)

「次へ」を何回か押して「完了」

※これを行わないで印刷を行うと私の環境ではまいど不正終了してしまいます

印刷

ファイル > 印刷

差し込み印刷をしますか?「はい」

差し込み印刷画面が表示される

OK で印刷

※出力先をファイルにすると様々な形式のファイルに保存出来る

その他

印刷を終えた時点で、Calc, Writer 及び Base (.odb) 3種類のデータファイルが作成されるので個人情報の取り扱いに注意

ファイルの場所を移動するとデータのリンクを直す必要が有る


前回ラベル印刷した Version 6.0.0.0 から内容を更新した

LibreOffice Version 6.1.3.2 からハガキ印刷(差し込み印刷)するメモ

samba mount via ssh tunnel